【お手軽】栽培キットできのこを育ててみよう!

唐突ですが、皆さん!「菌床しいたけ」をご存じですか??
…そうです!こんな感じのきのこですよね(^^♪↑↑↑

菌床しいたけとは、おが粉等を固めたブロックに、きのこの元になるしいたけ菌を入れ温度管理や湿度管理を徹底し丁寧に育てられた、しいたけのことで、おおい町でも長年に渡り栽培しております。
きのこの森 の、しいたけ栽培施設で生産している菌床しいたけの特徴は、とにかく『肉厚』でぷりっぷり!食べ応えが抜群なところ!
様々な料理に合いますし、シンプルに焼いて醤油を数滴垂らして食べると香りも味も最高に美味しいです(*^_^*)

さて、そんな菌床しいたけですが、実は食べるだけではなく育てられる栽培キットも販売しておりまして知る人ぞ知る、大人気の商品となっております。その名も『錦賞しいたけ おーいしいたけ』
錦賞は、読み方は菌床と同じく「きんしょう」なのですが鑑賞用としてもお楽しみいただけるよう、おおい町では「錦賞しいたけ」と名づけました。
自宅で簡単にしいたけの栽培と収穫が体験できる栽培キットで、栄養分入りのおが粉を圧縮した菌床がセットになっています。
お買い上げ後、約1週間~10日で収穫でき、収穫したその日から料理に使えます。収穫できるしいたけが美味しいのはもちろん、しいたけの成長具合もとてもよくわかり、観察する楽しみも味わることができ、育てる楽しさや収穫の喜びが味わえるので、生きた教材としても人気があります。
ではここで上手にお得に育てられるコツを紹介します!

【育てる場所】
販売元の(株)おおい様のHPには「錦賞しいたけを上手に育てるには、直射日光に直接当たらない室内で、10℃~20℃程度で管理してください」と記載ありますが、育てるのにおススメの最適の場所は、ズバリ「浴室」です!ベランダや玄関に置きがちですが、浴室は直射日光も防げますし、湿度や温度が最適なのです。菌床の表面が乾燥しない様に適度に散水しなければならないのですが、お風呂のついでにシャワーをかければOKなのでまさに一石三鳥!笑
※ただし、ビジュアル的に気になる方はキッチンでも大丈夫です(^^)/または、夜間だけ浴槽に置いておくもの良いかもしれませんね。

【裏ワザ】
通常、収穫できる回数は1キットで約2~3回が限界なのですが、、ある裏ワザを使えばなんと、限界突破することができるのです!!そもそも、なぜしいたけがニョキニョキと菌床から生えてくるかというと、ブロックの中の菌が外からの刺激によって発生します。上記で書いた散水も乾燥防止と同時に刺激を与えているわけです。その刺激は「空気」の振動によっても伝えることができるのです。
例えば、雷の日は空気が大膨張を起こして振動するので翌日は驚くほどものすごく成長しています。つまり、この空気の振動を人工的に起こせばいいのです!空気の振動を起こす身近にあるモノ…それはズバリ「太鼓」です!(大真面目)
※ただし、太鼓を鳴らす場合は近隣トラブルを招く恐れがありますのでご注意ください。
※ダイレクトに菌床を叩いて刺激を与えるのもOKです。
さらに、月の引力の関係か満月の日にも成長するとのことですので、上記を一度にまとめると
「雷が鳴る満月の夜にお風呂に置いた菌床しいたけの側で太鼓を叩く」
想像すると物凄く怖いですね。ですがこれが、しいたけをたくさん生えさせる最強の条件ですが1つでも条件が満たされていればOKです(笑)

以上、嘘だと思ったら2つお買い求めていただいて、普通に育てるパターンと裏ワザを使ったパターンで是非試してみてください!
この情報を添えて送り物として友人や知人に贈られると喜んでいただけるのではないでしょうか。  by谷口

【販売時期】
10月下旬~5月頃

【販売店舗】
・きのこの森 ものしり館
https://www.wakasa-ohi.jp/kinokonomori/
・道の駅うみんぴあ大飯
https://www.wakasa-ohi.jp/michinoekiuminpia-ohi/
・㈱おおいネットショッピングサイト
http://shop.wakasa-ohi.co.jp/index.html

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る